京都・祇園祭は14日、「宵々々山」を迎え、京都市中心部には装飾品で彩られた山鉾が並んだ。宵々々山は昨年、新型コロナウイルスの影響で中止しており、2年ぶり。本来は17日に最大の見どころ「山鉾巡行」が行われるが、昨年に続き中止が決まっている。

 14日は地元関係者が笛や鉦、太鼓で「祇園ばやし」を奏でる中、11基の山鉾が立ち並んだ。例年、ちょうちんの明かりが山鉾を照らす幻想的な光景が楽しめるが、今年は点灯時間を午後7時までに短縮。例年より人出は少なかったが、厄よけのちまきを買い求める人や写真を撮る人でにぎわっていた。