国際オリンピック委員会(IOC)は14日、東京五輪に参加する難民選手団の役員1人に新型コロナウイルスの陽性反応が判明したため、チームの来日を見合わせたと発表した。カタール・ドーハでの事前合宿には全29選手のうち26選手と役員11人が参加したが、その他のメンバーは陰性だったという。ドーハで検査を受けながら調整を続ける。

 ワクチンを1回接種済みだった陽性者は、無症状で隔離措置を受けている。IOCは状況を注視し、今後の対応が決まり次第発表する。ドーハ以外で練習していた3選手のうち2人は14日の来日だと明らかにした。