京セラと長崎大は14日、センサーを使って水温などの海洋データを収集する「スマートブイ」を共同開発したと発表した。潮流発電システムを搭載し、稼働に必要な電力を安定的に賄う。バッテリー交換が不要になり、精度の高い漁場予測や海洋汚染の監視などでの活用が期待される。来年度中の実用化を目指す。

 潮の流れでタービンを回して電力を生み出す潮流発電は、太陽光や風力と違って気象の影響を受けにくい。長崎大が発電システムを設計し、京セラのセンサーや通信技術と組み合わせた。長崎県五島市の海域で4月に実施した試験では、5分おきにデータを送信。消費電力を上回る発電量を確保できた。