大阪府は14日、新型コロナウイルスに349人が感染し、60代と90代の男女2人が死亡したと発表した。新規感染者が300人超となるのは5月下旬以来約1カ月半ぶり。この1週間は前週比1・6倍で、増加ペースが加速している。吉村洋文知事は記者会見で「第5波の入り口だ」と危機感を示した。

 吉村氏は、政府分科会の基準でステージ4(爆発的感染拡大)となる1日平均315人を「早晩超える」との見方を示した。ステージの判断には病床使用率など他の指標もあるため「一つ到達したらすぐというわけではないが、(緊急事態宣言発令要請の)判断材料にしていく」と述べた。