14日は東海や中国、四国を中心に各地で大雨となり、兵庫、福井、福島、岐阜の4県の一部自治体には土砂災害警戒情報も発表された。気象庁は大気が不安定な状態は16日にかけて続くとみられるとして、西日本から東日本の山沿いを中心に大雨による土砂災害、浸水、河川の増水・氾濫に厳重警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、日本の上空約6千メートルに氷点下6度以下の寒気が流れ込んでいる。南からは暖かく湿った空気が吹き込み、大気の状態が非常に不安定になっている。雷や竜巻などの突風、ひょうにも注意が必要だ。