日本ハムは1―2の六回に野村の2点適時打で逆転し、七回に西川、高浜、近藤の3連続適時打で3点を奪い突き放した。加藤が5回2失点で粘り、2番手の河野が2勝目を挙げた。オリックスは投手陣が要所で踏ん張れなかった。