鹿児島市は14日、東京五輪男子7人制ラグビー南アフリカ代表選手団の同日中の鹿児島入りを見送ると発表した。成田空港到着後の検疫で、選手団は新型コロナウイルス陰性が確認されたが、陽性が判明した搭乗者の濃厚接触者の疑いがあるとされたため。鹿児島合宿を行うかどうかは未定という。

 市によると、選手団は13日夜に成田空港に到着した。政府の東京五輪・パラリンピック推進本部事務局は選手団21人のうち、搭乗機の座席番号を基に、選手14人、スタッフ4人が濃厚接触の疑いがあるとした。

 18人は指定された首都圏の施設に滞在し、鹿児島市保健所が濃厚接触者を特定する予定。