【ハバナ共同】キューバ国営通信ACNは13日、首都ハバナ南郊グイネラで12日に政府への抗議デモを行ったグループと治安当局が衝突し、36歳の男性1人が死亡したと報じた。キューバでは11日から異例の反政府デモが起きているが、死者が報じられたのは初めて。

 死亡時の状況の詳細は不明。衝突で負傷者や拘束者も出たという。ACNによると、「組織された反社会的で犯罪的な分子」が警察官の襲撃や施設の破壊に向かうところだったという。

 キューバでは11日、食料や電力の不足などに抗議する大規模なデモが起きた。全土で数千人が参加したとされる。