【デンバー共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(27)が13日、デンバーのクアーズ・フィールドに隣接する道路で開催されたオールスター戦恒例のレッドカーペットショーに初めて参加した。

 両サイドでファンが見守る中、道路には地元ロッキーズのチームカラーである紫のカーペットが敷かれ、濃紺のスーツに白いTシャツというスタイルで決めた長身の大谷は多くのフラッシュを浴びながらゆっくりと歩いた。「あまり得意な感じではない」と言いながらも「こんなことはないので貴重な経験。来年からも何回も(球宴会場に)来られるように頑張りたい」と振り返った。