西日本から東日本では15日にかけて、大気の状態が非常に不安定になる見通しだ。気象庁は14日、大雨の場所もあるとして、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、氾濫に警戒を呼び掛けた。雷や突風も注意が必要。積乱雲が近づき、空が暗くなったり急に冷たい風が吹いたりした場合は、安全な建物への移動を求めている。大気不安定は16日も続くとみられる。

 気象庁によると、大気が不安定になるのは、日本付近の上空約6千メートルに氷点下6度以下の寒気が入る一方、西日本から東日本を通過している梅雨前線に暖かく湿った空気が流入するため。昼間の気温上昇も影響する。