【ニューヨーク共同】13日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、午前10時現在は前日比87・12ドル安の3万4909・06ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は12・57ポイント安の1万4720・67。

 6月の米消費者物価指数が大幅上昇したことから、米連邦準備制度理事会(FRB)が金融緩和を縮小する時期が早まるのではないかとの警戒感が高まり、売りが先行した。