東宝が13日に発表した2021年3~5月期連結決算の純利益は66億円で前年同期の約30倍となった。売上高に当たる営業収入は75・1%増の578億円だった。

 東映などと共同配給した「シン・エヴァンゲリオン劇場版」のほかに「名探偵コナン 緋色の弾丸」もヒットし、新型コロナウイルス流行により映画館の休業が全国で相次いだ前年同期から大幅に改善した。

 ただ、一部地域では時短営業などが続き、純利益が110億円だったコロナ前の19年の同期と比べ完全回復には至っていない。太古伸幸副社長は記者会見で「コロナの影響は(今も)色濃く受けている」と語った。