国税庁は13日、同庁課税部に所属する20~40代の男女7人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。経路は不明だが、7人を含む職員計14人が、まん延防止等重点措置の期間中の東京都内で飲み会に参加し、都が要請する人数や時間に従っていなかったとして、同庁は謝罪した。

 感染は10~12日に判明。飲み会は6~9日に計5回開かれ、送別会などだった。1回当たりの人数は3、4人、最長2時間半で、営業時間短縮要請に応じない店だった。

 参加者14人のうち3人は陰性、残る4人は検査の結果待ちという。7人の感染は40代男性の発熱をきっかけに判明し、重症者はいないという。