上方落語協会に所属する男性落語家からセクハラ被害を受けたとして、同協会所属の女性落語家が約780万円の損害賠償を求め、大阪地裁に提訴したことが13日、分かった。同日、地裁(徳増誠一裁判官)で第1回口頭弁論が開かれ、男性側は請求棄却を求めた。

 女性側は2017年12月に酒を飲まされた上で大阪市内のホテルでわいせつな行為をされたと主張。男性側は「虚偽の事実主張だ」と否定した。

 訴状で女性は同月、落語会で共演した際もわいせつな行為をされたと主張。18~19年にも複数回、嫌がらせ行為を受けたという。答弁書で男性側は、名誉を毀損され業務を妨害されたと反論した。