自民党の議員連盟「街の酒屋さんを守る国会議員の会」(田中和徳会長)は13日、国会内で緊急総会を開き、酒類販売業者への財政支援拡充を求める要望書をまとめた。新型コロナウイルス対策を巡り、販売業者に対して酒類提供を続ける飲食店との取引停止を求めた西村康稔経済再生担当相の発言を踏まえた。会合後、田中氏が下村博文政調会長に党本部で要望書を手渡した。

 要望書は「飲食店に納入している全国の酒類小売業者は経営的に限界に達している」と指摘。「相応の対応なき酒類の流通停止依頼は全国的に影響が大きく、致命傷になる」と強調した。