神戸大の研究チームは13日、今年初めまで主流だった新型コロナウイルスの「従来株」に感染した人の体内では、英国や南アフリカ、インドなどで確認された変異株に対しても感染を阻む「中和抗体」ができていたとの分析結果を発表した。

 チームは、昨年3月~今年5月に従来株に感染し、兵庫県立加古川医療センターに入院した軽症から重症までの81人の血液を分析。英国株に対しては全員、ブラジル株でも80人、南ア株で78人と、ほとんどの人に中和抗体が確認された。

 増加の兆しを見せているインド株についても81人中12人の血液を追加調査し、全員が中和抗体を持っていると確認した。