【北京共同】中国外務省の趙立堅副報道局長は13日の記者会見で、日本が防衛白書で台湾に言及したことに関し「強烈な不満と断固とした反対を表明する」と反発した。台湾は中国内政問題で、いかなる国の介入も許さず「必ず統一する」と強調。日本に対し、中国の主権を尊重し、地域の平和と安定を守る誠意を具体的に示すよう求めた。

 趙氏は、日本が中国の正常な軍事活動を理由なく非難し、中国脅威論を誇張していると指摘。「大きな誤りで極めて無責任だ」と述べた。

 沖縄県・尖閣諸島については「中国の分割できない領土の一部分だ」と主張した。