広島県と広島市は13日、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が16日に広島市内の平和記念公園を訪問することが決まったと発表した。原爆慰霊碑に献花し、原爆資料館を見学する。長崎県も13日、IOCのコーツ調整委員長が長崎市を16日訪問すると発表した。両被爆地では、バッハ氏らの来訪に反対する声も上がっている。

 16日は国連で採択された「五輪休戦決議」の期間が始まる日で、平和希求の取り組みを訴えるとみられる。東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長が広島に、遠藤利明副会長が長崎に、それぞれ同行する。