東京五輪の聖火リレーは13日、開催地の東京都で5日目を迎えた。ハンセン病の元患者らが入所する国立療養所多磨全生園(東村山市)で点火セレモニーが開かれ、昨年3月に新型コロナウイルスによる肺炎で死去したタレント志村けんさんの兄知之さん(74)らが聖火をつないだ。

 知之さんは聖火リレーのランナーに決まっていたけんさんの代わりに参加した。コロナの影響でランナーがトーチで炎を受け渡す「トーチキス」方式だったが、壇上でけんさんの人気ギャグ「アイーン」を披露した。

 終了後、知之さんは「弟ができなかったことを、無事にやり終えてほっとしている」と話した。