静岡県沼津市で昨年6月、大学2年の山田未来さん=当時(19)=を刺殺したとして、殺人やストーカー規制法違反などの罪に問われた同級生の堀藍被告(21)の裁判員裁判で、静岡地裁沼津支部は13日、懲役20年(求刑無期懲役)の判決を言い渡した。

 検察側は2人の関係を「他人同然」としたが、判決理由で菱田泰信裁判長は、LINEのやりとりなど「一定の交流があった」と指摘。事件前に業務用包丁を購入したり、段ボールを使い刺す練習をしたりしたとして「計画性は高い」と述べた。山田さんにLINEをブロックされ生きがいを奪われたとする動機に関し「あまりに理不尽な逆恨みだ」とした。