オリックスが快勝した。一回に吉田正の先制打やルーキー来田のプロ初打席本塁打となる2ランなどで一挙5点を奪って主導権を握った。増井が6回無失点で3勝目を挙げた。日本ハムは今季7度目の零敗を喫し、連勝が3で止まった。