三重県鈴鹿市の交差点で2月、鉄製の歩行者用信号柱が倒れる事故があり、県警は、犬の尿が繰り返し掛けられたことで柱の根元の腐食が進んだ可能性が高いとする調査結果を13日までにまとめた。現場周辺は犬の散歩コースになっていた。

 県警によると、2月18日未明、鈴鹿市桜島町の交差点にある高さ約6・5メートルの信号柱が倒れた。けが人はなく、近くのブロック塀が損傷した。耐用年数は約50年だったが、設置されてから23年しか経過していなかった。

 県警科学捜査研究所(科捜研)が調べたところ、柱の根元から、同じ交差点にある別の信号柱に比べて約42倍の尿素が検出された。