国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は13日、東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長を表敬訪問した。23日に開幕する五輪に向け、新型コロナウイルス対策に万全を期し、緊密に連携して準備を進める方針を確認した。バッハ氏は「スタッフを挙げて、本当に素晴らしい準備をしてくださった。過去にここまで準備が整った大会はない」と述べた。

 表敬訪問には組織委の武藤敏郎事務総長も同席した。

 バッハ氏は8日に来日し、五輪観客を巡る政府、組織委、東京都などの代表による5者協議に参加した。9日から3日間はホテルで待機した。