愛知県医労連は13日、新型コロナウイルス感染を増やし命を脅かすリスクが高いとして、東京五輪・パラリンピックを中止するよう三原じゅん子厚生労働副大臣にオンラインで要請した。医労連は新型コロナ下での東京五輪・パラリンピックへの看護師派遣要請を疑問視し「#看護師の五輪派遣は困ります」と投稿して反響を呼んだ。

 新型コロナ感染拡大で負担が増大している看護師の増員と、賃金や労働条件の改善を求めて集めた署名を併せて提出。三原氏は「ワクチン接種を進め、看護師の人員確保や財政支援にも取り組む」と応じた。五輪開催の是非に関しては言及しなかった。