ハイブリッド車「プリウス」や高級車「レクサス」などを売却目的で繰り返し盗んだとして、兵庫や大阪など5府県警が窃盗などの疑いで外国人を含む男女15人を逮捕していたことが13日、捜査関係者への取材で分かった。被害総額は約7億200万円相当に上るとみられる。

 捜査関係者によると、盗んだ車と同種の事故車を中古車販売業の知人から購入するなどし、そのナンバープレートや車台番号を付け替え、中古車解体施設「ヤード」に売却した。

 兵庫県警によると、19年3月~20年6月、愛知、京都、大阪、兵庫、奈良、徳島の6府県で、車約160台や部品の盗難など計244件の被害を裏付けた。