電力自由化を巡り、公正取引委員会がカルテルの疑いで関西電力や中国電などを立ち入り検査した問題で、公取委は13日、九州電と子会社「九電みらいエナジー」も、関連して独禁法違反(不当な取引制限)の疑いが強まったとして立ち入り検査した。関電と中国電にも改めて検査に入った。

 関係者によると、九州電と関電、中国電は、互いの管轄地域で、オフィスビルや大規模工場向けの特別高圧電力、中小ビルや中規模工場向けの高圧電力を販売する際、価格や顧客獲得を制限した疑いが持たれている。