【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)は12日、米医薬品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチン接種後の副反応として、神経疾患のギラン・バレー症候群を発症するリスクが高まる可能性が示唆されているとして、ワクチンの説明文書に注意喚起を追加した。

 米メディアによると、100例ほど発症が確認され、非常にまれだが通常よりは高い頻度で報告された。50代以上の男性が多いという。同社製ワクチンは米国でこれまでに1300万人近くに接種されている。

 ギラン・バレー症候群は、手足など末梢の神経が侵され、運動障害や感覚まひが急激に進む病気。