存続の危機にある東京都内の五つの演芸場を支援するクラウドファンディング(CF)で1億円を超す寄付を集めた落語協会の柳亭市馬会長と落語芸術協会の春風亭昇太会長は13日、結果報告と分配金の目録贈呈のため新宿末広亭を訪れた。

 両会長から目録を受け取った新宿末広亭の真山由光席亭は「この1年5カ月、お客さんが全く入らず毎月赤字。これで数カ月は生き延びることができ、ありがたく思います」と話した。

 市馬さんはCFについて「寄席、落語がこんなにも愛されていると実感しました」、昇太さんは「良い高座を繰り広げたい」と語った。両会長は順次、他の四つの演芸場も回る。