岸信夫防衛相は13日の閣議で、2021年版防衛白書を報告した。台湾を巡り米中対立が顕在化していく可能性があると指摘。台湾情勢の安定が「日本の安全保障や国際社会の安定にとって重要だ」と初めて明記した。競争が激化する米中関係の項目を新設し、両国の台湾や南シナ海での軍事動向を注視するとした。中国海警局に武器使用を認めた海警法については「適用海域が曖昧で、国際法との整合性の観点から問題がある規定が含まれる」と強調した。

 台湾情勢の日本への影響に言及したのは、中国の統一圧力で緊張が高まる「台湾海峡」を盛り込んだ4月の日米首脳共同声明を踏まえた。