12日午後2時ごろ、北海道滝上町滝ノ上原野の山中で、頭部から出血している性別不明の遺体が見つかった。道警紋別署によると、近くに動物のふんが落ちていた。ヒグマに襲われた可能性が高く、署が調べている。

 署によると、死後数日たっており、服装などから登山に来ていたとみられる。山中を巡回していた森林管理署の職員が、林道脇の草むらで倒れた状態の遺体を見つけた。身元の特定を急いでいる。今後、付近のパトロールを強化する。

 北海道南部の福島町の山林でも2日、上半身のない遺体が見つかっており、クマに襲われた可能性がある。