広島が5位に浮上した。大瀬良が7回2失点と粘り、3カ月ぶりの3勝目を挙げた。打線は0―1の一回に鈴木誠の3点二塁打と松山の適時二塁打で4点を奪った。中日は連勝が3で止まり、大野雄は4回4失点で7敗目となった。