経済産業省は12日、30年時点の各電源の発電コストの新たな試算を有識者会議で示した。前回15年に試算した際に最も安いとされた原子力は安全対策費が膨らんで1割程度上昇し、太陽光発電が最安になる。再生可能エネルギーの導入に追い風となりそうだ。

 経産省は従来、発電コストの安さを原子力の強みとして強調してきた。

 1キロワット時当たりの発電コストで、原子力は15年の試算時に10・3円以上としていたが、11円台後半以上になるとした。太陽光は、事業用が15年で12・7~15・6円だったが8円台前半~11円台後半に、住宅向けは9円台後半~14円台前半に下がるとした。