大相撲名古屋場所9日目(12日・ドルフィンズアリーナ)上位2人が盤石の相撲で全勝をキープした。横綱白鵬は千代大龍を寄り切りで退け、綱とりの大関照ノ富士も隠岐の海を寄り切って9連勝とした。

 大関正代は小結明生を押し出しで下して白星を一つ先行させた。両関脇は高安が北勝富士をはたき込んで5勝2敗2休とし、御嶽海が琴恵光を押し出して6勝目。

 全勝の2人を2差で平幕琴ノ若、新入幕の一山本2人が追い掛ける。