自民党岸田派の林芳正元文部科学相(60)の後援会事務所は12日、林氏が15日午前に山口県宇部市内のホテルで記者会見すると発表した。参院山口選挙区から次期衆院選山口3区へのくら替え出馬を表明する見通し。

 3区には自民現職で二階派の河村建夫元官房長官(78)も党の公認候補として出馬する意向を示している。二階俊博幹事長は「現職優先」を原則とする考えを示しており、激しい公認争いが予想される。

 自民党山口県議団の柳居俊学県議会議長は林氏について「総意を持って応援していこうと申し合わせている」と述べており、県議団の大半は林氏を支援する方向だ。