東京電力福島第1原発事故で放射線量が局所的に高い「ホットスポット」となった福島県南相馬市で、国が特定避難勧奨地点の指定を解除したのは不当だとして、住民808人が解除取り消しを求めた訴訟の判決で、東京地裁(鎌野真敬裁判長)は12日、「住民に対する権利侵害は認められず、違法性はない」として住民側の訴えを退けた。

 政府は事故後、南相馬市の142地点を特定避難勧奨地点に指定した。避難は強制されないが、住民は医療費の一部免除や仮設住宅供与などの支援策を受け、東電から賠償も支払われた。政府は14年12月、年間線量が20ミリシーベルトを下回ったとして指定を解除した。