バドミントン男子シングルスの桃田賢斗が所属先のNTT東日本と4月からプロ契約を結んでいることが12日、発表された。東京五輪に向けたオンラインでの記者会見で「朝から晩まで体育館でしっかりトレーニングさせてもらえる環境をつくっていただいたのが大きい。結果で恩返ししないといけない。責任感を持って頑張っていきたい」と決意を語った。

 3月までは正社員だった。社業に就かなくなったが、団体戦で争われるS/Jリーグにはこれまで通りNTT東日本の一員として参加する。

 世界ランキング1位として臨む初の五輪で金メダル獲得の期待がかかる。