上空の寒気や停滞する梅雨前線の影響で、東北から西日本では13日にかけて非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、気象庁は12日、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒するよう呼び掛けた。落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要としている。これまでの雨で、土砂災害の危険度が高まっている場所があるという。

 気象庁によると、上空約6千メートルには氷点下6度以下の寒気が入り、前線は日本海の西から本州を通って日本の東へ延びている。前線に向かって流れ込む暖かく湿った空気や日中の気温上昇の影響で、大気の状態が非常に不安定となり、局地的に積乱雲が発達する見込み。