東京都千代田区のホテル「赤坂エクセルホテル東急」が、館内のエレベーター前にそれぞれ「日本人専用」「外国人専用」と掲示していたことが11日、ホテルへの取材で分かった。ホテルによると、新型コロナウイルス対策で東京五輪・パラリンピック関係者と一般客の動線を分ける目的だったが、差別との批判があり同日までに撤去した。

 ホテルは「差別する意図はなかったが、誤解を生じさせてしまいおわびする」としている。

 大会組織委員会側から示されたマニュアルを踏まえ、感染を防ぐために大会関係者と一般客の動線をできるだけ分けようと実施したという。