【ソウル共同】韓国外務省当局者は11日、文在寅大統領の東京五輪開会式出席と菅義偉首相との首脳会談開催を検討していることを認めた上で、両国の協議の内容が「日本の立場や視点に基づいて一方的にマスコミに流出している」として日本政府に対して強い遺憾を表明した。

 当局者は「こうした状況では政府間協議を続けるのは難しく、日本側の慎重な対応を求める」と強調した。韓国は文氏の訪日に合わせた本格的な首脳会談開催を求めているが、日本側は消極的な姿勢だ。遺憾表明は、会談開催に向けた駆け引きの一環とみられる。

 韓国外務省当局者は「首脳会談の可能性も検討したことは事実だ」とした。