新潟県佐渡市は11日、給食で食べた米粉パンを喉に詰まらせて意識不明になっていた市立小5年の男子児童(11)が、同日未明に死亡したと明らかにした。

 市によると、男児は7日昼すぎにパンを喉に詰まらせ、ヘリコプターで新潟市内の病院に運ばれていた。

 佐渡市の渡辺竜五市長は「断腸の思いであり、申し訳ない。今回の事故を重く受け止め、このようなことが起きないよう、子どもたちの安心・安全確保に取り組んでいきたい」とするコメントを公表した。