東京都は12日から8月22日まで、4度目の新型コロナ緊急事態宣言期間に入る。感染再拡大を踏まえ、政府はお盆や夏休みの人流を抑制したい考えだが、「宣言慣れ」も懸念され、効果は不透明だ。今月23日開幕の東京五輪は大半の会場で無観客開催となる。

 11日期限の沖縄県の緊急事態宣言と、埼玉、千葉、神奈川、大阪の4府県への宣言に準じた「まん延防止等重点措置」は8月22日まで延長。北海道、愛知、京都、兵庫、福岡への重点措置は解除する。

 宣言の対象地域では、酒類提供を禁止。重点措置地域でも原則停止とするが、一定の感染対策をした店舗は知事の判断で午後7時まで提供できる。