フェンシング女子サーブルで東京五輪代表の江村美咲(立飛ホールディングス)が11日、オンラインで取材に応じ、初の大舞台に「後悔のない試合をすること、その結果が金メダルにつながれば」と抱負を語った。

 22歳のフェンサーは4月にプロ転向を表明し、責任感も増した。1988年ソウル五輪男子フルーレに出場した父宏二さんに「どんな状態でも全力を出し切るのが一番」と助言を受けたといい、父が果たせなかったメダル獲得に挑む。

 男子サーブルで37歳の島村智博(警視庁)は「コロナが厳しい状況で、大会開催がありがたいし、与えられた舞台でベストを尽くす」と意欲を語った。