西日本から東北では12日にかけて、上空の寒気や停滞した梅雨前線の影響で大気の状態が非常に不安定になる見通しだ。気象庁は大雨になる恐れがあるとして、土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒を呼び掛けている。落雷や突風も注意が必要だ。大気不安定は13日も続くという。

 11日の日中は南からの暖かい空気で気温が上昇。関東から西では最高気温30度以上の真夏日が相次ぎ、津市は35度以上の猛暑日となった。夕方にかけては東京都心など東日本を中心に急な雷雨があり、東京都江戸川区や茨城県筑西市では1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨を観測した。