ソフトバンクが独立リーグ、ルートインBCリーグ茨城に所属するキューバ出身のダリエル・アルバレス外野手(32)を獲得することが11日、関係者の話で分かった。すでに入団テストを終え、メディカルチェックを経て契約となる見込み。

 2015、16年に米大リーグのオリオールズでプレーし、通算14試合で打率2割5分0厘、1本塁打、1打点。今季加入の茨城では23試合で打率3割8厘、6本塁打、18打点の成績だった。

 ソフトバンクは主軸のグラシアルが右手薬指の骨折で離脱し、リーグ4位に沈んでいる。