バスケットボール男子の強化試合は11日、沖縄アリーナで行われ、東京五輪に出場する世界ランキング42位の日本は同32位のフィンランドに71―76で敗れた。

 日本は一時13点差をつけられた最終クオーターに、金丸(島根)のファウルを受けながらの3点シュートとフリースローを合わせた4点プレーなどで3点差まで詰め寄ったが、逆転できなかった。渡辺雄(ラプターズ)が最多の17点を挙げた。

 八村(ウィザーズ)、馬場(ユナイテッド)はまだ合流していない。