静岡県熱海市伊豆山の大規模土石流で県と市は11日、新たに1人の死亡を確認したと明らかにした。身元や性別は不明。死者は計10人となった。また死者1人の身元を、行方不明だった古川靜子さん(77)と発表した。身元判明は9人目。残る行方不明者は18人になった。熱海市の斉藤栄市長は、避難者の一時帰宅を12日から許可する考えを表明。被災者が公的支援を受けるため必要な罹災証明書に関する相談窓口を7月中に設置すると表明した。

 川勝平太知事は、被災者の住まいを「仮設住宅ではなく(被災前の)生活に近い所で探す」との方針を示した。公営住宅を活用する方向で調整する。