【ニューヨーク共同】米南部バージニア州シャーロッツビルで10日、奴隷制度存続を訴えた南北戦争時の南軍司令官リー将軍の銅像が市中心部の公園から撤去された。2017年には撤去計画を巡り抗議する白人至上主義者と人種差別反対派が衝突した事件の舞台となった。米メディアが伝えた。

 撤去作業は早朝から始まり、クレーンが像を台座から持ち上げると、群衆から歓声と拍手が起こった。ウォーカー市長は黒人差別解消に向け「小さな一歩だが近づくことになる」と述べた。市は像を歴史施設などに移す手続きを進めている。