【パリ共同】スペインのサンチェス首相は10日、内閣改造を発表した。左派連立の現政権にとり、2020年1月の発足以来初の大規模改造。サンチェス氏率いる穏健左派、社会労働党(PSOE)は今年、世論調査で野党の右派、国民党(PP)に支持率首位の座を奪われており、心機一転巻き返しを図る考えだ。新閣僚は12日に就任する。

 首相を除く閣僚22人中、7人の顔触れが変わる。女性は過半数を保ち、12人から14人へさらに増やした。サンチェス氏は発表で平均年齢が55歳から5歳若返ると指摘し、「世代上の刷新」と強調した。