日本海の好漁場「大和堆」周辺で違法操業している中国漁船について、中国政府が日本側に「自国の(登録)漁船は大和堆へ行っていない」と主張していることが10日、分かった。違法操業している船が無登録であることを強く示唆した。日本は中国に対し、国内で厳しく取り締まるよう求めた。日本政府関係者が明らかにした。

 中国は国内で無登録漁船の摘発を強化しているとされるが、効果が上がっていない可能性がある。イカの漁期となる6月ごろから中国漁船の違法操業が活発化しており、水産庁は海上保安庁とも連携し警戒を強めている。