活発な梅雨前線の影響で10日に大雨特別警報が発表された鹿児島、宮崎、熊本の3県では一部で住宅浸水などの被害が出た。人的被害は出ていない。九州を含む西日本から東日本を中心に11日にかけて局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがあり、気象庁は引き続き土砂災害に厳重な警戒を呼び掛けている。

 11日午後6時までの24時間予想雨量はいずれも多い場所で九州北部、関東甲信100ミリ、九州南部、中国、近畿、東海、北陸80ミリ、東北60ミリ。その後の24時間は中国、近畿、東海、北陸、関東甲信、東北50~100ミリ、九州は約50ミリ。